解決までの流れ

給付金を請求するためには、証拠となる医療書類等を収集し、裁判所に提出する必要があります。

解決までの流れ

STEP1.

無料法律相談

お電話又はメールでご相談者様からご連絡をいただいたのちに、まずは弁護士との法律相談のご予約を承ります。
B型肝炎訴訟に積極的に取り組む弁護士が、ご相談者さまの病状などを含む現状を伺い、必要書類や手続きについてご説明いたします。

STEP2.

必要書類の収集

国への提訴を進めるために必要な書類を、ご相談者さまご自身にて医療機関に対して請求していただきます。書類の数も多いため、煩雑な作業になりますが、私たちがわかりやすく説明いたします。準備できない書類がある場合にも、事情を説明した書面や医師からの意見書を提出することができますのでご相談ください。

STEP3.

裁判所への提訴・和解

給付金の請求の見込みがあると判断した場合、弁護士が訴状を作成し、収集した証拠書類と共に裁判所に提出します。病状に応じた金額が決定すると、国との合意内容を記載した和解調書が作成されます。
手続きは全て弁護士が行います。
ご依頼者様に裁判所へお越し頂くことはありません。(一部例外を除く)

STEP4.

給付金の請求・受取

社会保険診療報酬支払基金に、給付を受けるための手続きをします。(和解調書や所定様式の請求書など、必要書類の提出)その後、給付金が支給されます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)