1次感染者(集団予防接種感染)とは

満7歳になるまでに、集団予防接種等の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方が対象となります。

  • 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日の生まれの方
  • 満7歳までに集団予防接種(予防接種またはツベルクリン反応検査)を受けた方
  • 昭和23年7月1日から昭和63年1月27日迄の間に集団予防接種等からB型肝炎ウイルスに感染した方
  • B型肝炎ウイルスに持続感染している
  • 母子感染ではない
  • 集団予防接種以外に感染経路がない

※ ご本人が死亡されていて要件を満たす場合は、ご遺族の方も対象となります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)