下請法、景品表示法違反など不当な取引に関する相談


下請法・景品表示法

下請法(下請代金支払遅延等防止法)は、親事業者による下請事業者に対する優越的地位の濫用行為を取り締まるために制定された特別の法律です。
企業活動が活発に行われている現代社会では、下請法の監督官庁である公正取引委員会は、中小企業保護政策を背景に下請法の規制を強化しています。
また、近時、景品表示法についても、監督官庁である消費者庁は景表法違反に対する監視を強化しており、課徴金制度が導入されたため、企業の関心が一層高まっています。
これら下請法や景表法が実際に適用されるか否かの判断は下請法に関する施行令や規則関係、運用基準、ガイドライン等を参照する必要があるため、非常に専門性が高い分野であると言えます。

当事務所は、下請法に関する法律相談や景表法に関する各種アドバイス、当局(公正取引委員会、消費者庁)への報告対応等、総合的なリーガルサービスを行なっております。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中