消費者関連法


消費者関連法

消費者保護に対する意識の高まりを背景に、企業が消費者関連法に的確に対応する重要性が増しています。
消費者関連法の分野は、消費者契約法、特定商取引法、割賦販売法、製造物責任法、食品衛生法、景品表示法、個人情報保護法等などと多岐にわたる上、具体的状況によっては、企業は行政当局への報告や調査対応に迫られる場合も少なくありません。
特に、消費者契約法では、消費者と事業者間の契約(消費者契約)について、不当な勧誘による契約の取消しと不当な契約条項の無効等を規定しています。消費者と事業者間の契約全てについて、この法律の対象となるため、事業者に極めて重大な影響を与え得る法律となっており、また、近年は新法の制定や重要な法改正が続いています。

過去の事例にあてはめるだけでは解決できない場合も多いため、当事務所では、消費者契約法を初めとして消費者関連法事案について、これまでに培った確かな実績と経験のもと、良質なリーガルサービスを提供しています。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)