資料ダウンロード

【不動産法務編】2022年以降 施行予定の法改正

法改正_不動産法務編

2022年に施行された法改正、正しく理解できていますか?
これから予定されている法改正、把握できていますか?

改正法施行が、企業のビジネスや実務にもたらす影響は小さくありません。
事業運営を円滑に進めるためには、法改正の情報をいち早くキャッチアップし、内容を正しく理解することが大切です。
本資料では、「不動産法務」に関する法改正について解説します。

未対応時のリスクや実務への影響、弁護士がお役に立てることも記載しております。 法改正に対する実務にぜひお役立てください。

この資料で紹介している法改正

  • 2022年5月 宅地建物取引業法 :押印義務の廃止・書面交付の電子化で不動産業界のデジタル化促進
  • 2023年4月 相続土地国庫帰属法 :相続等で得た土地を国に返還することが可能に。
  • 2024年4月 不動産登記法 :所有者不明土地の発生を防ぐため不動産の相続登記が義務化。
  • 不動産登記法、相続土地国庫帰属法の法改正と合わせて知っておきたい「所有者不明土地」問題

この資料に含まれているもの

  • ファイナンスに関する法改正の概要と実務への影響について
  • 法改正対応、弁護士がお役に立てること
  • 関連プランのご紹介

    法人名必須
    お名前必須
    メールアドレス
    (半角・勤務先アドレス)必須
    電話番号必須

    CONTACT

    法律相談ご予約のお客様
    弁護士へご相談可能な時間帯
    平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00

    ご相談から解決までの流れ