特別縁故者に対する相続財産分与

被相続人に法定相続人がおらず、遺言もない場合、相続財産管理人が被相続人の財産の管理や債務の清算などを行い、残った財産は国に帰属します。
しかし、被相続人と一緒に生活していた方や療養介護に努めた方のような、被相続人の特別縁故者と認められる方であれば、家庭裁判所へ相続財産の分与を請求することができます。家庭裁判所が認めれば、精算後に残った財産の全部又は一部は国に帰属せず、特別縁故者が取得することになります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様