遺留分放棄の許可

遺留分放棄とは、遺留分権利者が、相続開始前に、自らの遺留分を放棄することです。
被相続人が特定の人にすべての財産を承継したいと希望しても、相続開始後に遺留分権利者が遺留分を請求すれば、希望を叶えることができません。この場合に、遺留分権利者が遺留分を相続開始前に放棄することで、トラブルにならずに確実に特定の人に財産を集中させることができます。ただし、不当に遺留分放棄を迫ることがないよう、放棄をするには家庭裁判所の許可が必要です。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様