事業承継 M&A(社外承継)

他社へ事業を売却する「M&Aによる承継」。
事業の売却には様々な手法があります。
Authense法律事務所では、事業の状況やご要望に応じた最適な方法をご提案いたします。

  • 株式譲渡

    株式譲渡は売り手が買い手に株式を売却する手法で、売買、贈与、相続の3つの方法で行われます。
    一般に、株式譲渡は比較的手続きが簡単で迅速に完了できるため、中小企業のM&Aでよく用いられます。

  • 事業譲渡、会社分割

    事業譲渡は、売り手の「全部」または「一部」の事業を買い手に売却する方法(主に、対価は現金であるケースが多い。)で、会社の事業に関する個々の権利・義務を取引行為として譲渡することにより、当該事業を承継する手法です。

  • 株式交換、株式移転

    株式交換は、既存の会社にかかる全株式を他の会社に取得させて完全親会社とするもので、株式移転は、既存の会社にかかる全株式を新たに設立する会社に取得させて完全親会社とするものです。

  • 合併

    企業同士を結合して1つの企業とすることを合併といいます。合併前のそれぞれの会社が消滅して1つの新会社が設立される新設合併と、1つの会社を存続会社として他の会社はその会社に吸収される吸収合併とが存在します。

  • 第三者割当増資

    第三者割当増資とは、既存の株主以外の第三者に対して新株発行ないし自己株式処分を行い、それによって会社の資産を増やす方法をいいます。新株等の引受人が発行会社の一定割合の株式を取得することになるため、M&Aの一手法としても利用されます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)