第三者割当増資

第三者割当増資とは、既存の株主以外の第三者に対して新株発行ないし自己株式処分を行い、それによって会社の資産を増やす方法をいいます。新株等の引受人が発行会社の一定割合の株式を取得することになるため、M&Aの一手法としても利用されます。

株式の対価を会社が受け取るため、会社に資金需要がある場合、新株発行等に第三者割当増資を行います。この手法により譲受会社が譲渡会社の過半数の株式を保有することで、経営に関与することが可能となり、さらに3分の2の割合を超えると会社のM&A等の経営上重要とされる事項の決定に関与することが可能となります。

なお、特定の第三者に対して新株を発行するに際し、特に有利な価格となっている場合には、株主総会の特別決議が必要となる点には注意が必要です。また、金融商品取引法やインサイダー取引規制にも注意が必要となる場合もあります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中