正当な理由

正当な理由

相続人が被相続人から具体的に依頼を受けた場合や、身体が不自由であるなどの理由で被相続人から包括的に権限の委任を受けている場合などには、被相続人が自分で預貯金を引き出した場合と法律的には同じですから、正当な理由のある出金といえ、遺産に戻す余地はありません。しかし、その使途を明かしていないとなると怪しまれたり、遺産分割協議等が紛糾することも考えられるため、領収書などを示して使途を説明することが望ましいといえます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様