遺言

遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、秘密証書遺言等の方式があります。
遺言書を作成したいけど、どうしたらいいかわからない。
そんなとき、まずは弁護士にご相談ください。

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言は、遺言者が自筆で遺言書の全文と日付・署名・捺印をして作成するものです。
    用紙や書き方の規定はありませんが、必ず自筆で作成しなくてはならず、代筆は認められません。

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人がそれを正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。

  • 秘密証書遺言

    秘密証書遺言は、まず遺言者が遺言の内容を記載した書面(自書である必要はありません。)に署名捺印をした上で封じ、遺言書に捺印した印章と同じ印章で封印します。

  • 特別方式遺言

    「自筆証書遺言書」「秘密証書遺言書」「公正証書遺言書」の3種類の普通方式遺言と区別される特別方式遺言というものがあります。

  • 遺言の撤回及び取消し

    撤回とは、ある法律行為をした人が、特段の理由なく、一方的な意思表示によって、その法律行為をなかった状態に戻すことをいいます。

  • 遺言の検認

    「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。そのため、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様