遺言の検認

「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。そのため、遺言の有効・無効を判断する手続ではありません。
遺言書の保管者またはこれを発見した人は、相続開始を知った後、遅滞なく、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、遺言書検認の申立てをしなければなりません。また、封印のある遺言書については、家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければなりません。
実務上、家庭裁判所は検認を行う際に、裁判所が指定した期日に相続人等の立ち会いを求めています。この場合、遺言書は、原則として検認期日まで保管者あるいは発見者において引き続き保管されることになります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様