秘密証書遺言

秘密証書遺言は、まず遺言者が遺言の内容を記載した書面(自書である必要はありません。)に署名捺印をした上で封じ、遺言書に捺印した印章と同じ印章で封印します。
その上で、公証人及び証人2人の前にその封書を提出し、自己の遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述します。その後、公証人が、その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載後、遺言者及び証人2人と共にその封紙に署名捺印することにより、作成されます。

秘密証書遺言の場合、遺言が存在することは明らかにしながら、遺言の内容を秘密にして遺言を保管することが可能になりますが、公証人が遺言内容をチェックするわけではないので、遺言内容の正確性については保障されません。

また、秘密証書遺言は公証役場に保管されませんので、遺言者ご自身で保管することになります。そのため、遺言を紛失してしまうおそれも否定できませんし、遺言の内容を実現させるためには、自筆証書遺言と同様、家庭裁判所において検認の手続きを受ける必要があります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様