Authense社会保険労務士法人

代表 社会保険労務士 桐生由紀
代表 社会保険労務士

桐生由紀 Yuki Kiryu

経歴
成蹊大学文学部英米文学科卒
Authense 社会保険労務士法人 代表社会保険労務士
Authense 法律事務所 Managing Director
株式会社ユニバーサルスポーツジャパン 取締役
資格
社会保険労務士
所属
東京都社会保険労務士会
社外役員など

株式会社 400F 社外取締役
日経 xwoman アンバサダー

  • Twitter
  • linkedin
  • note

About us代表挨拶

企業規模を問わず、人事労務の大切さがより一層高まっています。
人口減少社会となり、かつてのように誰かが辞めてもすぐに替わりの人材が入社してくれる「買い手市場」は終焉を迎えました。
自社を支える人材には、長く健康でやりがいを持って仕事をしてもらう、それこそが企業が永続的に発展し、成長を続けていくための最重要課題となっています。

私はこれまで、弁護士法人Authense法律事務所と、代表弁護士である元榮が創業した弁護士ドットコム株式会社の管理部門をゼロから構築し、現場での実務とマネジメント行ってきました。
Authense法律事務所では、「ひとり管理部門担当者」として入所。現在、総所員数200名を超える組織へと成長した事務所のバックオフィスを支えてきました。
並行して、弁護士ドットコム社ではIPO準備期まで管理部門のマネジメントを担当。プロパー社員で管理部門が機能するまでサポートしています。

管理部の人員がひとりしかいない、あらゆる要望がひとりに集中するベンチャー企業の管理部門業務から、社員が数百人にも達する上場企業の管理部門まで、すべてのフェーズを実地で体験できたのは私の強みのひとつです。どの時期に、どんな問題が起こるのか。これまでの経験から、常に先回りして顧問先にアドバイスし、無用なトラブルを避けることができます。

女性の社会進出も自分自身の身をもって経験を積んできました。従来の男性中心の企業では想像も付かない悩みを女性社員は抱えているケースがあります。
ひとりの女性として、母親として、仕事と家庭を両立する大変さは、私自身が痛感しています。女性社員の悩みや将来の展望、今後想定される課題や企業に求める体制づくりなど、企業で働く女性社員から同性として気軽にお話していただけるのは私にとってもうれしいことです。

起業したてのベンチャーで、バックオフィスがまったく整理されていない企業。
急激な成長を背景に上場を見据え、労務管理が急ぎ求められている企業。
安定して成長を続けて入るものの、株式上場は視野に入れていない企業。
すでに上場し、社会的な責任も大きな企業。
これまでの経験を元に、あらゆる企業規模における最高のビジネスパートナーとして、貴社の成長スピードを加速させます。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

代表 社会保険労務士
桐生 由紀

Interviewインタビュー

  • Authense社会保険労務士法人のこれまでとこれから代表 桐生由紀インタビュー

    家事、育児、業務を抱えながらの社労士資格挑戦
    ― そもそも、社労士の資格を取ろうと思ったきっかけはなんだったのですか?
    Authense法律事務所には、いまから14年前に入所しました。当時のAuthense法律事務所に管理部門はなく、管理部門最初の社員として採用されました。…

  • 代表 社会保険労務士 桐生由紀

Serviceサービス

  • 労務紛争を未然に防ぐための施策を講じる人事顧問

    ・各種契約書の整備
    ・人事労務相談
    ・規定整備の相談
    ・ハラスメント相談

  • 企業の成長のための施策を講じるコンサルティング

    ・労務DD
    ・就業規則の整備
    ・各種研修
    ・システム導入支援
    ・業務効率化支援
    ・採用コンサルティング
    ・女性活躍支援
    ・人事制度構築、運用支援

  • 複雑な労務手続きをアウトソーシング手続代行・給与計算

    ・社会保険・労働保険の各種届出
    ・給与計算
    ・賞与計算
    ・助成金の申請(スポット)

Our AdvantageAuthense社会保険労務士法人
選ばれる「5つのポイント」

Authense社会保険労務士法人は、創業から今日まで、多くのクライアントの皆さまにお選びいただいています。
クライアントの皆さまは当所のどの部分に価値を見出してくださっているのか、
ご担当者の方々の声をまとめました。

Point 01.

企業の成長フェーズに合わせた提案ができる

人事組織がなく専任スタッフが1人といった企業から、IPOを想定した労務DDが必要な企業まで、企業のあらゆる成長フェーズに合わせた提案ができます。
Authense法律事務所と、Authense法律事務所の代表弁護士である元榮が創業した弁護士ドットコム株式会社。代表の桐生は双方のバックオフィスをゼロから構築しました。
Authense法律事務所では現在も管理部門のトップを務め、弁護士ドットコム社はIPO準備期までマネジメントしています。
両社とも桐生入社後に急成長を遂げ、Authense法律事務所は全国に1万7千所以上ある法律事務所のうち19位の規模に(2022年7月現在)。弁護士ドットコム社は2014年に上場、時価総額1000億円規模の会社に成長しました。
現場でなにが起こるのかを知り尽くした社労士が、あなたの企業の成長を加速させます。

Point 02.

経営者の要求を先読みし、具体的なアクションに結び付けられる

Authense法律事務所と弁護士ドットコムの創業者である元榮太一郎。弁護士、起業家、国会議員(2022年7月まで)と三足のわらじを履いて活動してきました。業務においては高いクオリティと同時にスピードも求められるなか、元榮の右腕として組織を運営してきた桐生は、経営者が次になにを求めるのか熟知しています。
トップからの厳しい要求に頭を抱える現場担当者のより良きアドバイザーとして、組織が円滑に運営できるよう力を尽くします。

Point 03.

効果を実感できるコンサルティングを受けられる

代表の桐生がもっとも力を発揮できるのが人事労務分野のコンサルティング。人事制度の構築や法律では定められていない悩みごとなど、企業や経営者、現場担当者のお悩みを最適な形で解決します。
「法律ではこう決まっています」等、紋切り型のアドバイスで終わらず、組織が活性化するコンサルティングをなぜできるのか。それは長年にわたる現場での経験があるからです。
なぜトラブルが起こったのか、次になにが起こるのか、解決するにはどうすればいいのか。多様な経験を元にした引き出しの数が、貴社の問題をチャンスに変えます。

Point 04.

現場の担当者が置かれた状況、心情がわかる

代表の桐生は長年にわたってAuthense法律事務所、弁護士ドットコム株式会社の人事労務部門を取りまとめてきました。貴社の担当者が、どんな思いで業務に取り組んでいるのか、どのような悩みを抱えているのか、なににつまずきどこに課題を感じているのか、その気持ちに寄り添うことができます。
士業と聞いて連想される上から目線のアドバイスや、否定ばかりのコミュニケーションはあり得ません。問題を解決するにはどうすればよいのかを考える。それがAuthense社会保険労務士法人のモットーです。

Point 05.

女性社員の能力をいかんなく発揮できる組織づくりができる

女性の社会進出が急激な勢いで進んでいます。同時に、企業には女性の働きやすい環境づくりや法改正に伴う体制づくりが求められます。
代表の桐生は3人の子どもを育てながら働き続けてきたワーキングマザー。女性社員が抱える悩みや不安に寄り添って、貴社の問題解決へとつなげます。

Profileプロフィール

  • 六本木オフィス外観
  • 会社名

    Authense 社会保険労務士法人

    代表社員

    社会保険労務士 桐生 由紀

    住所

    〒107-6222 東京都港区赤坂9丁目7-1
    ミッドタウン・タワー22階

    連絡先

    TEL: 03-6625-5072(代表)

    営業時間

    平日 9:30~18:30
    定休日 土・日・祝

CONTACT

案件のご相談・ご予約のお客様