代表挨拶

Message


  • 代表弁護士
  • 元榮 太一郎
  • (第二東京弁護士会所属)

日本を代表する法律事務所を創る

これからのオーセンスを創るには、失敗を恐れず、前向きにチャレンジし、絶対に諦めない信念を持った人材が必要です。


弁護士の世界は、今まさに変革の時期を迎えています。

1995年に15,000人規模であった弁護士数は、2016年現在では37,000人を超える規模まで増加し、今後は身近な存在として、1人でも多くの利用者の期待を越えるべく、サービス品質をひたむきに磨いていくことが重要になっています。

そのような中、利用者と弁護士をつなぎ、弁護士をもっと身近なものに感じていただけるよう、私は法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」を立ち上げました。

おかげさまで、今では非常にたくさんの方にご利用をいただけるサービスへ成長してまいりました。

この基盤となったのは、弁護士業界の未来を見据えたうえで、オーセンスで多くの依頼者、相談者の皆さんとお会いすることで、人と人とのつながりの大切さを強く感じたことにあります。

「すべての依頼者に最良のサービスを。」

これがオーセンスの理念です。

弁護士を取り巻く環境が激動する中、弁護士やパラリーガルはじめスタッフの経験を高め、事務所のサービス品質を向上させることで、依頼者の皆さんの期待を超える体験を届けたいと思い、日々進化を続けています。

この理念に大切なのは、オーセンスで働く弁護士やスタッフが、ともに尊敬し合い、自らの成長や人の育成、達成感や成果を実感でき、人生において成功体験、成長実感が育まれる環境であることです。

これら成長、成果など、多くの「成」という文字を感じられることが、最良のサービスを提供する基盤であると確信し、「幸せの総量を増やすこと」を組織ビジョンに掲げ、将来の日本を代表する法律事務所に向けた努力を続けています。

オーセンスには、弁護士やパラリーガルだけでなく、企業から転職してきた仲間も数多く在籍し経歴も様々です。弁護士がこれまで培ってきた法律ノウハウや伝統に、他業種で活躍してきた仲間のスキル・経験が融合して、最良のサービスへの進化を続けています。

まさに、新しい次世代の法律事務所を自分たちで作れるチャンスが、オーセンスにはあります。

このチャンスを活かすためには、失敗を恐れず、前向きにチャレンジし、絶対に諦めない信念が必要です。その信念には、新人弁護士や経験弁護士など経験やスキルで、差はありません。弁護士やパラリーガルといった職種でも差はありません。

この信念に共感できる方なら、大歓迎です。

私たちと一緒に、日本を代表する法律事務所を創っていきましょう!