解決事例

逸失利益、後遺障害慰謝料を交渉

  • ご相談者
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 職業:自営業
  • 後遺障害等級:14級 9号
  • 過失割合:10:0
交通事故サポートプラン

相談までの経緯・背景

Aさんは友人が運転する車に乗っていた際、右折で一時停止中に、Bさんが運転する車に追突されてしまいました。この事故で、頸椎捻挫、腰椎捻挫のケガを負いました。
これにより、Aさんは痺れなどの症状が残り、後遺症14級9号の判断を受けました。

相談までの経緯・背景

解決までの流れ

事故後、保険会社から提示された損害賠償額には、後遺障害による損害が含まれていませんでした。また、Aさんは自営業を営んでおり、事故により満足に仕事をすることが出来ませんでした。
そこで、逸失利益と後遺障害慰謝料を含め、損害賠償額の増額を希望し、当事務所に相談にいらっしゃいました。

弁護士は、保険会社にAさんの直近の所得に基づいて逸失利益の算定を行うこと、また、後遺障害慰謝料についても、過去の裁判例をもとに、計算し直すように求めました。

結果・解決ポイント

弁護士による交渉の結果、Aさんが最初に保険会社から提示された損害総額より、205万円増額の約550万円の損害賠償額を得ることができました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
中央大学法学部法律学科卒業、中央大学法科大学院法務研究科修了。離婚、相続などの家事事件を中心に、顧問業務を主とした企業法務、一般民事事件や刑事事件など幅広い分野を取り扱う。離婚事件では、慰謝料、子の引渡し、親権などの解決実績を持つ。また、企業法務や一般民事事件では、訴訟を数多く経験し、訴訟対応を得意とする。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)