交通事故の基本知識・用語集

交通事故に関する基本知識・用語を紹介します。

慰謝料(いしゃりょう)

慰謝料とは、交通事故で被害者が負った精神的・肉体的な苦痛に対する補償等のこと。
逸失利益(いっしつりえき)
事故に遭わなければ、得られたはずの利益。

過失割合(かしつわりあい)

「交通事故の発生について、どちらの過失がどれだけ影響したか」を割合で表したもの。
基礎収入(きそしゅうにゅう)
労働能力を加味して計算される収入のこと。原則として、交通事故前年の現実収入が基礎収入となるが、交通事故前に収入を得ていなくても働く能力があれば基礎収入があると認められることがある。

示談(じだん)

交通事故後に、「損害賠償等をどうするか」ということを当事者間で話し合い、交通事故に関する民事上の問題を解決すること。

自賠責保険(じばいせきほけん)

自動車および原動機付自転車を使用する際に、全ての運転者への加入が義務づけられている損害保険。
消極損害(しょうきょくそんがい)
人損事故で、事故がなかったら得られたであろう給料・収入などに対する損害。
例)交通事故で一家の大黒柱が働けなくなった場合、その給料相当額。

症状固定(しょうじょうこてい)

もうこれ以上治療をしても、症状の回復が見込まれない状態のこと。
政府保障事業(せいふほしょうじぎょう)
自賠責保険の未加入者による被害に遭った場合やひき逃げ等、加害者からの賠償が受けられない場合に救済が受けられる制度。

積極損害(せっきょくそんがい)

事故があったことにより必要となった費用に対する損害。
例)治療費。

損害賠償(そんがいばいしょう)

違法な行為によって損害を受けた者に対し、加害者がその損害の埋め合わせをすること。または、その金銭等そのもののこと。

任意保険(にんいほけん)

加入義務がなく、任意に加入する保険。

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

民法で定められた相続人。家族構成により、第1順位から第3順位まである。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様