解決事例

自転車事故での過失割合と損害賠償交渉

  • ご相談者
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • 過失割合:8:2
交通事故サポートプラン

相談までの経緯・背景

Aさんは、一時停止が必要なT字路にもかかわらず、不停止のまま自転車で進入しました。Aさんは、直進してきた車と衝突し、腰部捻挫、左肩打撲、左大腿部打撲の怪我を負いました。

相談までの経緯・背景

解決までの流れ

Aさんは、一時停止を怠ったことは悪いとしても、自転車で走行中の過失割合が8:2であることに疑問を感じていました。
また車の交通事故と違い、自転車の事故について保険会社と、今後どう交渉していけばいのかわかりませんでした。

Aさんは、専門家の意見を聞きたいと考え、当法律事務所に相談にいらっしゃいました。

結果・解決ポイント

相手の車には過失が無く、Aさんが一時不停止であったため、自転車といえども、過失割合は、妥当という結果になりました。
しかし、弁護士は保険会社との交渉を粘り強く続けました。
その結果、損害賠償として90万円を獲得することに成功し、Aさんは治療に専念することができました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
慶應義塾大学法学部政治学科卒業、桐蔭法科大学院法務研究科修了。交通事故分野を数多く取り扱うほか、相続、不動産、離婚問題など幅広い分野にも積極的に取り組んでいる。ご依頼者様の心に寄り添い、お一人おひとりのご要望に応えるべく、日々最良のサービスを追求している。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様