暴力事件 -傷害・傷害致死・暴行・脅迫・器物破損- にまきこまれた

人に殴られたり、ナイフで切りつけられた等して怪我を負った場合には、
相手方に「傷害罪」や「暴行罪」が成立します(刑法204条、208条)。
暴力事件に巻き込まれてしまったら、まずは弁護士に相談しましょう。

  • 示談交渉のポイント

    告訴状が受理された場合、犯人は逮捕・起訴を避けるために弁護人を通じて示談の申し入れをしてくることがあります。

  • 損害賠償請求のポイント

    当事務所では、暴力事件について、暴力を受けた被害者の心理、状況等をよく理解し被害者の希望を踏まえたうえで、今後の弁護方針を決定いたします。

  • 刑事告訴のポイント

    街中で暴力を受けて被害に遭った場合には、日が経ってから加害者を突き止めることは困難です。暴力を受けたらすぐに警察、駅・電車内でならば駅員に通報することが大切です。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)