建物明渡訴訟について

建物明渡訴訟とは、借家人を強制退去させるために貸主側が行う訴訟のことをいい、これが認められることで借主に出て行ってもらう手続きをとることができます。貸主が自分で訴訟を起こすことは可能ですが、費用や労力がかかるだけでなく、精神的に追い詰められた借主が破産を選択し、これ以上取り立てることができなくなることがあります。

そのため、弁護士に依頼するのが最も良い方法といえます。裁判手続きを代行してくれることはもちろん、それ以前の催告や交渉において、弁護士が介入することで今後の家賃滞納の抑止力となりますし、スムーズな手続きを代行することで家賃が時効によって消滅することも防止できます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様