賃料未納など賃借人とのトラブル

近年、近隣住民に迷惑をかける賃借人のトラブルや敷金の返還・原状回復について、紛争が増えています。
トラブルの回避のために、ぜひ弁護士にご相談ください。

  • 建物明渡訴訟について

    建物明渡訴訟とは、借家人を強制退去させるために貸主側が行う訴訟のことをいい、これが認められることで借主に出て行ってもらう手続きをとることができます。貸主が自分で訴訟を起こすことは可能ですが、費用や労力がかかるだけでなく、精神的に追い詰められた借主が破産を選択し、これ以上取り立てることができなくなることがあります

  • 家賃滞納を防ぐ - 今すぐできる事前対策-

    ◆家賃滞納を防ぐ事前対策
    ◆滞納初期の段階における2つのポイント

  • 悪質滞納者への対策

    ◆滞納発覚後に行うべき初期動作
    ◆初期対応をすることで得られる3つの効果

  • 滞納家賃を回収する督促方法

    ◆口頭で督促する方法と書面で督促する方法の違い
    ◆普通郵便で督促する方法と内容証明郵便で督促する方法の違い
    ◆督促手続
    ◆督促手続の流れ
    ◆督促手続のメリット・デメリット

  • 任意退去の注意点と強制退去の準備

    ◆任意退去の交渉を行う場合の注意点
    ◆強制退去に向けた法的手続の準備

  • 建物明渡しの強制執行の進め方

    裁判所から「賃借人は建物を明け渡せ。」という勝訴判決が出されたとしても、賃貸人が、賃貸物件の中に入って強制的に荷物を出すことはできません。賃貸人としては、「強制執行」を通じて適法に荷物を出して退去してもらう必要があります。「強制執行」とは、国家機関が権利者の権利内容を強制的に実現してくれる手続のことをいいます。

関連コラム

関連する記事はありません。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様