ご相談の流れ

SNSやインターネット上の誹謗中傷に対する、削除請求や情報開示請求、損害賠償請求の流れについて解説します。

動画で見る
「弁護士による3つの解決方法」

発信者情報開示請求の大まかな流れ

STEP1.

IPアドレスの開示

誹謗中傷書き込みが行われた掲示板やウェブサイトに、発信者のIPアドレス等の情報開示を請求する。

弁護士
発信者のIPアドレス開示を
求める仮処分申し立て

裁判所
IPアドレス開示を命じる仮処分命令

発信者が誹謗中傷を書き込んだ
ウェブサイトの管理者
IPアドレスの開示
STEP2.

プロバイダ特定

開示されたIPアドレスをもとに、発信者が契約しているインターネットサービスプロバイダを特定し、発信者の氏名や住所等の情報の開示を求める。

弁護士
発信者の開示を求める訴訟提起

裁判所
発信者の情報開示を命じる判決

発信者が契約しているプロバイダ
I発信者の住所・指名開示
STEP3.

発信者特定

発信者を特定する。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様