解決事例

窃盗で逮捕・勾留。示談成立により起訴回避。

示談交渉プラン

ご相談までの経緯・背景

Aさんはセール会場で7万円相当の商品を盗み、会場を出ようとしたところで従業員に止め置かれました。商品を盗んだことを認めたAさんは、窃盗犯として逮捕・勾留されました。

解決までの流れ

示談の可能性の有無

窃盗犯罪の場合、金額によっては、被害者と示談交渉により不起訴となる可能性があります。そのため、弁護士は相手方との示談交渉を進めました。

本人の反省の有無

示談交渉においては、本人が深く反省していることが大前提となりますので、相手方に謝罪文を送る等して反省の意を示すことがポイントとなります。

結果・解決ポイント

Aさんの希望としては以下のものがありました。

  1. 家族がいるので勾留から解放されたい
  2. 起訴ではなく示談で解決してほしい

弁護士は、Aさんが起訴されることを回避し、勾留から解放されるように、被害者に対して示談交渉を申し入れました。
まず、弁護士はAさんに反省の意を示すための謝罪文を作成することを指示しました。

そのうえで、被害者には被害金額を弁償すること、さらに、被害者の開催するセール会場に、今後一切、足を踏み入れないことを条件として、示談交渉を行いました。

交渉の結果、無事に被害者との示談が成立し、Aさんを起訴しない旨の合意をすることができました。
起訴がなされるか否かはその後の人生に大きく関わってくることです。

今回のAさんのように弁護士の交渉次第では被害者との示談によって、起訴を回避できる場合もあります。お困りの際はぜひ弁護士にご相談ください。

担当弁護士
authense
Authense法律事務所

CONTACT

法律相談ご予約のお客様