よくあるご相談内容

弁護士へご相談頂く刑事事件について、ケース別に解説します。
Authense法律事務所では、ご依頼内容に応じて弁護士が最良の解決策をご提案します。

  • 逮捕されたくない

    警察官に対して事情を説明し、逮捕を回避する

  • すぐ釈放してほしい

    被疑者という立場になると、身体を拘束されている間、行動を厳しく管理され、家族等との交流もほとんどできなくなります。

  • 会社にばれたくない

    当事務所は、ご依頼者様の職場に犯罪の事実が知られることなく、職場に復帰することができることを目指して弁護活動を行います。

  • 面会に来てほしい・差し入れがほしい

    逮捕によって突然外部との交流を遮断され、大きな不安と孤独の中、取り調べを受けることになります。このような状況の中、場合によっては虚偽の自白をしてしまうこともあります。

  • 今後どうなるか知りたい

    一つ一つの事件は、それぞれ事情が異なり、警察の捜査方針やその後の対処方法も異なります。

  • 起訴されたくない

    被疑者が罪を犯していない場合はもちろん、罪を犯していた場合でも、諸般の事情により不起訴を相当とする場合も多くあります。

  • すぐ保釈してほしい

    起訴された後も身体拘束が続く場合、行動を厳しく管理され、家族等との交流もほとんどできない状態が続きます。

  • 無実を証明してほしい

    無罪判決を勝ち取るためには、多大な努力が必要です。

  • 執行猶予判決をとってほしい

    起訴され、懲役刑の言い渡しを避けることができないという場合、日常生活から隔離された刑務所へ行くと、社会復帰が難しくなるなど多くの弊害があるため、執行猶予付き判決を得ることが最大の目標となります。

  • 刑を軽くしてほしい

    起訴されてしまい、懲役刑が避けられないという場合、そして、法律の要件や他の裁判例に照らして、執行猶予判決を獲得することは難しく、実刑やむなしという場合は、少しでも早く服役を終えるために、できる限り言い渡された懲役刑の長さを短縮するなどして刑を軽くしなければなりません。

  • 示談を成立させてほしい

    示談交渉は、不起訴や執行猶予の可能性が高まるなど被疑者にとって大きなメリットがあり、最も重要な弁護活動の一つです。

  • 前科を知られたくない

    起訴された場合の日本の有罪率は非常に高い(99.9%)といわれており、前科をつけないためには、いかにして不起訴処分を勝ち取ることができるかが重要です。

  • 自首に付き添ってほしい

    当事務所では自首を希望される方の自首に付き添います。

  • 取調べの注意事項を知りたい

    取調べを受けるにあたっては気を付けることがあります。

  • 家族が逮捕された

    大切な家族が逮捕された時に、ご家族ができること・弁護士にしかできないこと

CONTACT

法律相談ご予約のお客様