すぐ保釈してほしい

起訴された後も身体拘束が続く場合、行動を厳しく管理され、家族等との交流もほとんどできない状態が続きます。

そこで、私たちは、起訴された後の一日も早い身柄の釈放を最も重要な弁護活動の一つと考えています。
保釈請求を通し、身柄の釈放に向けて全力を尽くします。

保釈された場合のメリット

住居変更の制限、事件関係者との接触禁止など一定の条件が付されることが多いですが、基本的には、日常生活に戻ることができます。また、時間が自由に使えるため、弁護のための十分な準備をすることができます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中