少年事件

お子様が逮捕された場合には、早急に弁護士を付けることが大事です。
そのため、万一お子様が逮捕されてしまった場合には、
すぐに弁護士にご相談をすることをおすすめします。

  • 少年事件の手続きについて

    少年審判を受ける少年事件とは
    少年法の対象となる少年は20歳未満の人をいい(少年法2条1項)、少年審判を受ける可能性のある少年事件とは、⑴犯罪少年が起こした事件、⑵触法少年が起こした事件、⑶虞犯(ぐ犯)少年が起こした事件の3種類があります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます