少年事件

お子様が逮捕された場合には、早急に弁護士を付けることが大事です。
そのため、万一お子様が逮捕されてしまった場合には、
すぐに弁護士にご相談をすることをおすすめします。

  • 少年事件の手続きについて

    少年審判を受ける少年事件とは
    少年法の対象となる少年は20歳未満の人をいい(少年法2条1項)、少年審判を受ける可能性のある少年事件とは、⑴犯罪少年が起こした事件、⑵触法少年が起こした事件、⑶虞犯(ぐ犯)少年が起こした事件の3種類があります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様