リーガルエッセイ

公開 2019.12.03 更新 2021.07.18

女優の知人男性 MDMA共同所持で逮捕 今後、捜査はどう進むのか

記事を執筆した弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。司法試験に合格後、検察官任官。約6年間にわたり、東京地検、大阪地検、千葉地検、静岡地検などで捜査、公判を数多く担当。検察官退官後は、弁護士にキャリアチェンジ。現在は、刑事事件、離婚等家事事件、一般民事事件を担当するとともに、刑事分野の責任者として指導にあたる。令和2年3月には、CFE(公認不正検査士)に認定。メディア取材にも積極的に対応している。

女優とその知人男性 二人の身柄拘束期間が重なる12月6日までの10日間が勝負

先日、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された女優の知人男性が逮捕されました。
逮捕される理由となった事実は、女優が所持していたというMDMAをともに所持していたというMDMA共同所持の事実です。

女優の自宅が捜索され、MDMAが発見された当時、知人男性はその場にいなかったと報道されています。

まだ逮捕の一報があったばかりの状態で、詳しい事実関係はわかりませんが、今後、捜査はどう進むと思われるか?を考えてみたいと思います。

報道によると、女優についても、当初10日間だった勾留期間が10日間延長されたとのことです。
捜査機関としては、二人の身柄拘束期間が重なる12月6日までの10日間が勝負となります。
つまり、12月6日には、女優の身柄拘束は期限を迎えるのですから、それまでに、女優について、起訴するのかどうか、という判断をしなければならないのです。

女優を起訴できるのか 逮捕された知人男性の今後の供述に注目

今回、知人男性が、共同所持ということで逮捕されたという以上、おそらく、その知人男性が、MDMAと何らかの関わりがあるということを女優が供述している、とか、供述していなかったとしても、たとえば、彼女の自宅に知人男性が出入りしていたと認められる証拠があるとか、MDMAに関して彼女と知人男性がやりとりをしている証拠があるとか、知人男性の関与を疑わせるような事実があると思われます。

となると、女優について、MDMAを所持していたという事実で起訴するかどうか、ということを判断するためには、そのMDMAに何らかの関与があると疑われる知人男性からも話を聞き、彼女及び知人男性がいかにそのMDMAと関わっているかについて真相を解明する必要があります。

万一、そのMDMAは、知人男性が勝手に自分のものを彼女の自宅に持ち込んだもので、彼女はそこにMDMAがあることすら知らなったとしたら、彼女をMDMAの所持の事実で起訴することはできないことになるので、捜査機関としては、その可能性を排斥できるのかどうか慎重に捜査する必要があるといえます。

今後の知人男性の供述が注目されるところです。

弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます