請負代金の未収トラブルによる債権回収

工務店などの中小企業によくあるトラブル

美容院の経営者から新規出店に伴う内装費800万円の内装工事を受注し、工事を完成させ引き渡したところ、水漏れがすることなどを理由に工事代金を支払ってくれない。

弁護士による解決方法とは?

工事代金の未払いが発生してしまった場合、まずはなぜ支払いがされないのかを把握することが重要です。
本件では、水漏れがすること等の理由を相手が主張しているので、まずは事実確認を行います。ここで、内装工事自体に問題があったのか、ほかに理由があったのかを入念にチェックします。そのうえで、しっかりと当事者で協議を重ね、協議が成立しなければ、次のステップに進み調停や裁判手続きを行うことになります。

今回のような建物の瑕疵を指摘されるようなパターンでは、水漏れ以外にもさまざまな難癖をつけられて修補を求められ、それが済むまで代金が支払われないなどのトラブルもよく見受けられます。
トラブルが複雑になる前に建築関係の紛争に精通した弁護士に早い段階で相談することが懸命です。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様