債権回収の基本知識・用語集

債権回収に関する基本知識・用語を紹介します。

債権

債権とは、相手方に対して何らかの行動をとることを求める権利のことを言います。代表的なものとしては、金銭債権が挙げられますが、相手方に対して金銭を支払え、と求める権利となります。債権回収においては、自分の有している債権が、誰に対するどのようなものかを特定することが重要です。

債務

債務とは、債権に該当する行為をする義務のことを言います。債務は、契約によって発生するものや、交通事故等誰かに損害を与えてしまった場合に突然発生するものなどがあります。

一般先取特権

一般先取特権とは、債権回収を行う際に優先して弁済を受けることが認められている特別債権の一種のことを言います。通常、債権者が多数存在している場合、債務者の財産は債権者の有する債権額に応じて按分されますが、一般先取特権者は、優先的に債権回収が可能なので、他の債権に比べて回収できる可能性が高くなります。

ADR

ADRとは、裁判外紛争解決手続きのことを言います。トラブルが生じた際、解決のために裁判や調停の利用を検討する場合がありますが、必ず裁判所の裁判手続きを利用しなければ解決できないわけではありません。そこで、ADRは、金融や不動産など多種多様な紛争に対して利用されており、それぞれの分野ごとに法務大臣の認可を受けた裁判外紛争解決手続き機関が存在しています。

強制執行

強制執行とは、債務者が債務を履行しない場合に債権者が強制的に債権を債務者から回収する手続きのことを言います。裁判所が債権回収手続きに関与することから、公権力を用いた強力な作用が働きます。具体的には、債務者の財産を差し押さえて、競売にかけ換金するほか、差し押さえた財産を債権者が直接取得することもあります。強制執行を実行するには、債務名義や執行文などが必要です。

競売

競売とは、強制執行の過程で、引当てとなる財産を落札形式で売却して換金することを言います。競売によって得られた金銭から、債権額について優先的に弁済を受けることとなります。

債権者代位権

債権者代位権とは、債権者が自己の債権を回収するために、債務者の有している権利を代わりに行使することを言います。ただし、債務者に資力がないような場合にのみ可能であるなどの制限があります。

債権譲渡

債権譲渡とは、債権を他人に譲り渡すことを言います。例えば、金銭債権の場合は、債務者はもとの債権者ではなく、債権譲渡により債権を譲り受けた者に対して金銭を支払う義務が生じることになります。このように、債権は譲渡することができるという性質を有しているため、代金支払いの代わりに同額の債権を渡すといった取引もなされています。

催告

催告とは、債権者が債務者に対して行う債務の履行を請求する意思の通知を言います。催告を行うことで、時効の完成猶予や更新、債務者の履行遅滞などの効力が生じます。

債務名義

債務名義とは、強制執行を行う際にその前提として必要となる、公的機関が作成した文書のことを言います。債権者の持つ具体的な権利内容であって、強制執行によって保全すべき性質を備えたものとなっています。債務名義を取得するには、通常訴訟、少額訴訟、支払督促、和解、調停、公正証書の作成といった方法によります。

詐害行為取消権

詐害行為取消権とは、債権者が債務者の行った取引行為を取り消すことで、債務者の財産が流出して、自身の債権を回収できなくならないようにする保全の手続きです。本来、債務者であっても自由に取引ができるのが原則ですが、その取引によって債務者の財産が流出し、債権者が満足に債権を回収できなくなるような場合は、例外的にその債務者の取引を取消しにして、不当に債権者が害されないようにするものです。

消滅時効

消滅時効とは、債権を行使することのできる期限のことを言います。債権の種類や主体・客体によって、消滅時効には差があるため、債権が発生した段階で確認しておくことが必要です。しかし、消滅時効にかかる期間が過ぎたからといって自動的に債権が消滅するわけではなく、消滅時効の制度を利用することを相手方に伝えること(時効の援用)によってはじめて時効の効力が発生します。

相殺

相殺とは、互いに債権を有している債権者同士で、互いの債権額の重なり合う部分について債権を消滅させあうことを言います。このように、相殺は現実に金銭を支払うことなしに決済できるので、手間を省き、簡易迅速な決済を可能にするという機能があります。相手方に対して債権を有している場合に、相手方から同種の債務を負担することになったとしても、それを相殺すれば、自分の債務を消滅させることができますから、その分だけ債権回収を確実に図ることができます。

担保

担保とは、債務者が債務を履行しなかった場合に、債権者が債権を回収するための引当てとするものになります。担保には、人的担保と物的担保があり、前者は債務者本人が履行困難な場合に備えてあらかじめ第三者による履行を確保しておくこと、後者は特定の者や権利といった財産によって債権を保全するものを言います。契約を締結する段階において、設定することがほとんどであり、また、担保となる物が不動産である場合は、担保に供することを登記して明示することが求められます。

内容証明郵便

内容証明郵便とは、郵便の方法の1つで、郵便の内容や発送した日付などを郵便局が証明してくれるものを言います。それ自体で相手方に何らかの権利を行使できるようになったりするような効果はありませんが、内容や日付が証明されることによって、相手方は受け取っていないという言い訳ができなくなり、特定の意思表示をしたことが証明されます。また、内容証明郵便が届くことで相手方に心理的圧迫を与えることもできます。

弁済期

弁済期とは、債務を履行すべき時期のことを言います。裏を返せば、その期限が到来するまで債務者に債務を履行しなくてもいいという地位を与えるもので、債務者の利益になる仕組みと言えます。利息などを定めていれば、弁済期が到来することにより、債権者の利益に働きますが、設定した時期によっては債務者が弁済できなくなっていることもあり得るので、いつに設定するかが重要なものと言えます。

保証人

保証人とは、保証契約に基づいて、ある債務について保証すべき地位にある者のことを言います。債務者とは違って直接に債務を負うわけではありませんが、債務者が債務を履行しなければ責任を追及される立場にあるため、間接的に責任を負っていると言えます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様