未収金にならないための予防方法

債権回収を確実なものとするためには、取引開始前から、
回収不能に陥るリスクをできる限り抱えないように準備することが重要です。
未収金にならないための予防は、弁護士にご相談ください。

  • 信用調査の必要性

    債権回収を確実なものとするためには、取引開始前から、回収不能に陥るリスクをできる限り抱えないよう十分に準備しておくことが肝要です。

  • 信用調査の方法

    取引先の信用を調査する方法として、①相手方から直接情報を取得する方法と②相手方以外から間接的に情報を取得する方法があります。

  • 担保権の設定

    継続的に行われることが多い商取引では、取引から生じた代金の支払を、月末締め・翌月末払いなど、後日行うことが多いと思います。

  • 連帯保証の活用

    債権回収を確実にする方法の1つとして、連帯保証を活用することが挙げられます。

  • 契約書作成の注意点

    債権回収を確実に行うためには、当事者の合意がどのような形で実現されるのかを明確にして、そのリスクに対応できるようにあらかじめ担保の設定や相殺に関する条項等を契約書においてしっかりと定めておく必要があります。

  • 相手が契約書を提示してきた場合

    本来、当事者の意思によって契約内容を自由に決めることができるのが民法の大原則となっています(契約自由の原則といいます)。

  • 売掛金の支払いが滞ってきた場合

    経済活動をしていると、取引先の中には、業績が悪化し、支払いが遅れてしまう会社がでてくることがあります。

  • 取引先の支払いが停止した時

    取引先の支払いが停止してしまったときは、まずは内容証明郵便により請求をする方法をおすすめします。

  • 動産売買先取特権について

    動産を業者に販売したにもかかわらず、その代金を払ってくれないといったトラブルは跡を絶ちません。

  • 公正証書の作成

    当事者で契約書を作成して取引を行ったものの、結局その代金を債務者が支払わない場合には、別途、民事訴訟等を提起しなければならないことになります。

  • 即決和解制度

    即決和解とは、民事訴訟法上「訴え提起前の和解」とされているものであり(民事訴訟法275条)、当事者間で、すでにトラブルを解決するための方針について、ほぼ合意ができているときに、当事者双方が裁判所に出頭して、裁判所の関与の下で和解をするという制度です。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様