取引先に不安を感じたら

取引先に信用不安が生じたら、どうしたらよいでしょうか。
否認リスクへの備えや相殺の活用、取引先の財務状況のチェックなど、
債権回収・保全に向けた対策を練る必要があります。
専門的な知識のある弁護士にぜひ一度ご相談してみてください。

  • 否認リスクに備える

    取引先に信用不安が生じたことから、早期に弁済を受けて債権を少しでも多く回収することは債権者としては当然の行動です。

  • 相殺の活用

    取引先が信用不安に陥ると、その債権者は、確実な債権回収手段を考えなければなりません。取引先の信用不安における債権回収方法として、相殺があります。

  • 取引先の責任財産が減少した時は

    信用不安時には、資金的にひっ迫している等の理由から、取引先が不動産等の財産を売却することがあります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様