取引先の倒産手続きが開始した場合の債権回収

取引先が倒産した場合、債権者が取引先に殺到していることも考えられます。
債権を少しでも多く回収するためには、迅速かつ適切な対応が迫られます。
債権回収の際には、専門的な知識を持つ弁護士に一度ご相談することをお勧めします。

  • 取引先が破産手続を開始

    ある日突然、取引先(もしくはその代理人弁護士)から、破産手続きや、民事再生手続きや、会社更生手続きを申立てたとの内容が記載された書面が送られてきたら、皆さん驚いてしまいますよね。

  • 取引先が民事再生手続を開始

    取引先につき民事再生手続が開始された場合、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、民事再生手続においてどのように対応したらよいかを知っているかどうかで、当該取引先からの回収額に差が生じる可能性があります。

  • 取引先が会社更生手続を開始

    会社更生手続は、再建の見込みがある会社について、債権者や株主その他の利害関係人の利害を調整しつつ、債務を整理し、経営の立て直しを行う手続です。

  • 関係を悪化させずに回収する

    そもそも、債権の回収にあたっては、取引先との関係を悪化させることなく話を進めたいという声をよく伺います。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様