賃料未払トラブルによる債権回収

不動産管理会社・家主によくあるトラブル

飲食店を経営しているテナントの業績悪化に伴い、月額40万円の家賃の未払いが3か月続いている。

弁護士による解決方法とは?

本件事案のような賃料不払いが続いている場合、賃貸特有の問題点として、入居者が立ち退かない限り、次の入居者を入れることができません。

そのため、賃借人を不動産から立ち退かせつつ、債権の回収を交渉していかなければなりません。
賃借人が交渉に応じない場合、裁判によって債権を回収する方法が考えられますが、裁判は債権者たる賃貸人の費用や時間の負担が大きくなってしまいます。
そこで、賃貸借契約を結んだ際に、賃借人から預かっていた敷金から滞納家賃分を控除することで債権を回収する方法が考えられます。

この方法は、裁判を行うよりも賃貸人の費用や時間の負担が少ないため、今回のようなケースではよく用いられています。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様