解決事例

元請会社に発注した会社が倒産 500万円が未回収に

年齢:40代 性別:男性 職業:経営者(建設業)
交渉・訴訟プラン

相談までの経緯・背景
ご相談者様は内装の下請会社を経営しており、元請会社から、ある店舗の内装工事を請負代金500万円で請け負いました。
ところが、内装工事を元請会社に発注した会社が倒産してしまいます。
その結果、元請会社は何かと理由をつけて請負代金を支払おうとせず、ご相談者様が何度支払いをお願いしても、煮え切らない返事ばかりで話が進まなくなってしまいました。
そこでご相談者様は弁護士に依頼することにし、Authense法律事務所の弁護士に請負代金の回収をご依頼いただきました。

解決までの流れ
弁護士は元請会社に内容証明を送り、請負代金の請求の交渉を開始しました。
すると、元請会社は、「金100万円の範囲で支払うが、それ以上は支払わない」と回答してきました。
100万円では経費にすら足りません。そこで、弁護士はご相談者様と相談し、全額回収に向けて請負代金請求の訴えを提起しました。

その結果、裁判所からは、請負代金請求を認める判決がでました。しかし、元請会社は一向に支払ってくれません。
そこで、ご相談者様が把握していた、元請会社の銀行預金の債権執行という手続を弁護士が行いました。
ところが、この銀行預金口座には、残額2000円しか残っていませんでした。

ご相談者様が把握している限り、その他には、元請会社にめぼしい財産がなかったため、裁判所に財産開示の申立をしました。
そして、裁判所で財産開示の手続が開かれたところ、元請会社はそこまでやるとは思っていなかったようで、元請会社(社長本人)が出頭して、裁判官の面前で、「取引先の売掛金債権を回収次第、請負代金500万円は、直ちに支払う」旨約束しました。

結果・解決ポイント
後日、全額である500万円の入金がありました。
途中、ご相談者様があきらめそうになる局面もありましたが、弁護士とともに粘り強く取り組み、全額回収となりました。

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(第二東京弁護士会)
専修大学法学部卒業、専修大学大学院法学研究科修士課程私法学専攻を修了(法学修士)。修士論文は、民法の不法行為の一つである、使用者責任について研究する。司法試験合格後は、都内の個人事務所で5年間にわたり、幅広い分野を経験。現在は、離婚、相続分野を中心に、不動産法務にも積極的に取り組む。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中