ALS(法務機能アウトソーシングサービス)

ALSAuthense Legal process outsourcing Service(法務機能アウトソーシングサービス)

法務責任者の右腕として、モチベーションマネジメント不要の
即戦力人材を提供し、安定した法務体制を実現します

選べる4つの料金プランkeyboard_arrow_down

お問い合わせ

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00
24h予約受付中

ALS 3つのベネフィット

01即戦力人材による契約審査の迅速化

  • 即戦力人材による契約審査の迅速化
  • 採用が難しい企業法務経験のある有資格者の即戦力人材をアサインし、社内の契約審査を迅速化します。
    事業部など法務部以外の他部署との関係性を構築し、契約審査では関連部署と直接やりとりする運用も可能です。法務部担当者が介在する必要もなく、法務責任者と直接連携し、契約審査の迅速化を進めます。

02マネジメント業務の削減と
体制の安定化

  • マネジメント業務の削減と体制の安定化
  • 部下の育成、モチベーションの向上は、管理職の大きな課題です。組織や業務にミスマッチが無いよう常に観察し、対話の機会を設けるなど、モチベーションマネジメントに多くの業務時間を費やすことになります。
    特に、CFO・管理部長が法務責任者を兼務している場合などはマネジメントの負担が大きくなりやすくなっています。

    ALSをご活用頂ければ、育成不要の有資格者を、離職のリスクなく即戦力としてご活用頂くことが可能な上、アンマッチがあれば担当の変更ができることも、採用にはない大きなメリットです。
    さらに、継続利用いただくことでノウハウが蓄積し、安定的な法務体制の定着も期待できます。

03法務担当者の退職・
採用にまつわる経費の削減

一般的に、年収600万円の社員が退職した際のコストを、人件費換算すると退職・採用コストは450万円かかると言われています。特に専門性の高い法務部門の社員の場合、さらに大きなコストが発生することも少なくありません。

社内の法務ニーズに、即戦力人材でお応えするALSをご活用頂き、人事コストの削減にお役立てください。

年収600万円の社員が離職した際のコスト事例

マネジメント業務の削減と体制の安定化

参照元:KEY PLAYERS(https://keyplayers.jp/archives/12970/

ご依頼企業様の声

  • ご依頼企業の法務責任者
  • ご依頼企業の法務責任者の声

    現在依頼している業務は、事業部からの契約書審査、外部顧問への照会の準備・実施・回答精査・社内展開、法務部員が作成した成果物の一次チェック、取締役会の準備などです。
    有資格の正社員の人材を募集していましたが、ほとんど応募が無く、法務業務を外部に委託することになりました。

    Authenseについては、アウトプットの品質が非常に高いと感じていますし、採用コストや労務管理にかかる時間も削減できているので、満足しています。

プランの特色

社内の法務ニーズに、即戦力人材でお応えし、法務責任者の負担を軽減します。

  • 01
  • 幅広い業務を即対応、即戦力人材

    ・企業法務の実務経験あり(上場企業の法務部への出向など)
    ・事業部からの契約審査業務を直接対応できる能力
    ・外部の法律顧問へ依頼した訴訟案件のハンドリング、法律顧問への意見照会の発注や成果物の検収も効果的に対応。

  • 02
  • 日常的な法務業務を担当

    ①事業部からの契約審査
    ②法務担当からの成果物チェック・指導育成
    ③社内対応する少額訴訟等の支援
    ④株主総会・取締役会の運営及び支援
    ⑤社内規程の検討・整備・策定・運用及び支援
    ⑥ガバナンスの構築・運用及び支援
    ⑦M&Aにおける法務DDの支援
    ⑧顧問弁護士など外部専門家との連携や調整
    ⑨新規サービスの法令適合性、その他日常的な法令調査
    ⑩法律相談
    ⑪商標等知的財産の管理

  • 03
  • フレキシブルに活用

    ・担当は固定制(担当の変更希望も可能)
    ・オフィスに出社しての対応も可能
    (チャットツール等での連絡対応も可能)
    ・1か月からスポットでのご利用が可能

選べる4つの料金プラン

お試しプランTrial
ライトプランLight
ビジネスプランBusiness
コーポレートプランCorporate
月額料金
165,000
(税込)
330,000
(税込)
660,000
(税込)
1,100,000
(税込)
稼働時間
最大5時間/月
最大10時間/月
最大20時間/月
最大34時間/月
お試しプランTrial
月額料金
165,000円 (税込)
稼働時間
最大5時間/月
ライトプランLight
月額料金
330,000円 (税込)
稼働時間
最大10時間/月
ビジネスプランBusiness
月額料金
660,000円 (税込)
稼働時間
最大20時間/月
コーポレートプランCorporate
月額料金
1,100,000円 (税込)
稼働時間
最大34時間/月
  • 当月の基準額までの未消化分は、翌月に限り、持ち越し頂けます。
  • お試しプランは契約初月のみ利用可とさせていただきます。
  • 利用状況に応じて翌々月のプランの変更が可能です。
  • なお、曜日・時間を固定する場合は、優先対応可能です。
    (曜日・時間を固定しない場合は、他の業務に従事している可能性がございます)
  • 稼働時間×担当弁護士の時間単価が、基準額(月額固定の1.2倍)を超過した場合、時間報酬(タイムチャージ)を頂きます。
    弁護士によって、時間単価が異なるため、稼働時間が変動いたします。

お問い合わせ

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00
24h予約受付中

FAQ

顧問プランは、HP等に顧問として表示ができるほか、紛争対応や外部向けの意見書作成など、企業のリスク対応に強みのあるサービスです。
もちろん、日常的な契約審査等にもご利用いただけますが、「Authenseの豊富な知見と法曹資格、総合力で支援する外部専門家として、企業を様々なリスクから守る」ことに特化しています。

一方、ALSは「企業内部における、法務の具体的なニーズに、社内人材のように柔軟に応えること」に特化しています。
具体的には、①1か月単位で利用可、②ニーズに応じて金額変更可(翌々月分のプラン変更可)、③使用しなかった無料対応分は翌月まで持越し可、④曜日時間を固定すればその時間の専従も可、⑤オフィスへ出勤しての執務も可、といった点が顧問プランとは異なる点です。即戦力人材の提供でCFO/法務責任者の方の負担軽減も期待できます。

はい、可能です。
担当者の変更ができることは、雇用にはないメリットです。

どちらか迷われるのであれば、顧問契約をおすすめします。
対外的な対応を含めて、幅広くカバーできます。社内の法務ニーズに対してより一層リソースが必要となった場合、ALSを追加でご契約頂くことも可能です。

すでに法律事務所の顧問がいる企業様にこそ、使って頂きたいサービスです。社内法務部と外部顧問の間に立ち、成果物の検収や依頼案件のハンドリングを行わせていただくことで、外部顧問による成果物の品質向上とコスト削減にもご活用いただくことが可能です。

有資格者や企業法務経験者の人材は、採用が困難なことに加え、人材が見つかったとしても、相場に合わせた年収金額や社会保険料等の負担および人材紹介手数料などコスト面での不安、アンマッチのリスク、マネジメントの負担などの懸念点があります。

一方、本プランでは、有資格の即戦力人材をすぐに確保できます。
また、継続利用頂くことで、安定的な法務体制の構築にも有用です。属人化したノウハウが、急な退職で喪失することもありません。

お問い合わせ

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00
24h予約受付中

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中