アパレル・ファッション

知的財産法に基づく権利保護は、アパレル企業やファッションデザイナーにとって重要な課題です。特に著作権法の文脈においては、産業の発展と著作者の権利保護のバランスを探究する必要があります。また、アパレル企業においても他の事業会社と同様に、原材料の仕入、製造、販売等の流通に係る取引契約、資金調達、コーポレート、労働、取引先との紛争、M&Aなど、事業活動に伴う様々な法律問題に直面する可能性があります。
当事務所は、ファッション業界特有の慣習を把握した上で、ブランドの立ち上げから契約交渉、知財戦略、労働契約、物流契約、模倣品対策、紛争解決など、幅広いリーガルサービスをご提供いたします。

弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00
法分野別
産業別

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00

ご相談から解決までの流れ