関税関連法・国際税務

近年、世界各国・地域間では、RCEP、FTA、EPA、TPP、投資協定を含む多くの二国間・多国間協定が締結されています。
企業はこれらを活用し、例えば関税額の削減などのメリットを享受できますが、関税削減のための手続き遵守も必要です。
不備があると、税関による事後調査で追加の関税支払いが命じられる可能性があります。
当事務所は、関税、原産地規制、国際貿易に関する法的サービス提供のほか、税関による事後調査やその結果への対応、不服申立て、訴訟にも対応いたします。

弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00
法分野別
産業別

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00

ご相談から解決までの流れ