相続人・財産調査

相続が発生したら、相続人調査と財産調査が必要になります。
調査の際に漏れがあると、遺産分割協議の相続手続きに影響が出たり、
相続税の追徴課税に繋がってしまうケースもあります。
調査に不安を感じたら弁護士にご相談ください。

  • 戸籍収集・相続人調査

    相続が発生すると必要になる相続人調査
    被相続人の出生から死亡までの戸籍を取り寄せる。
    直近の戸籍から、相続人をたどり存命する相続人全員を調べる。
    相続人が確定したら、相続関係説明図を作成する。(任意)

  • 財産調査

    ご家族が亡くなった後、相続人が被相続人の財産を受け継ぐ(承継する)にあたり、相続人調査とあわせて行うべきは、相続財産調査です。
    相続財産調査とは、被相続人が残した財産にどのようなものがあるかを調査・確認し、相続財産を確定することです。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)