解決事例

複雑な共有持分不動産の相続手続きをお願いしたい。

  • ご相談者Aさん
  • 年齢:70代
  • 性別:男性
  • 続柄:長男
不動産登記に関する手続きプラン
ご相談までの経緯・背景

母(90代)が亡くなり、父は既に亡くなっていたので、長男のAさん(70代)と長女のBさん(60代)が相続人となりました。

母が残した財産には、不動産と預貯金がありました。不動産のうち建物はAさんと母の共有財産、土地はAさん、Aさんの妻、母の共有財産となっており、所有関係が複雑となってしまいました。

Bさんは、「相続についてはAさんに任せる」と言っていたので、相続分については争いがなくAさんは自らで相続手続を進めようと考えていました。しかし、不動産が共有財産であったこともあり、手順が複雑で、Aさんには対応が難しいと考え、当事務所に相談にいらっしゃいました。

Aさんは、不動産については母の持分を相続したいと考えていました。一方の預貯金は、なるべく多くBさんに相続して欲しいと考えていました。

そこで、母名義の不動産をAさん名義に変更すると同時に、預貯金については解約してBさんに相続させることをAさんは希望していました。

共有持分不動産の相続

解決までの流れ

弁護士は、遺産分割協議書を作成することにしました。相続人全員の署名と実印の捺印がなされた遺産分割協議書の提出が不動産の名義変更で必要となるからです。

また、母が残した財産には、不動産のほか預貯金があったため、預貯金の口座解約をして誰がどれくらい相続するのかを決めておいた方がいいことを助言しました。その上で、不動産については、法定相続人にあたる人を調査して土地・建物が母の所有となっているかを把握することにしました。

相続人の確定と財産調査の完了後、弁護士は、遺産分割協議書を作成し、Aさんが母所有の土地・建物を相続する旨を記載することにしました。また、以前Bさんが受領した預貯金については、あらかじめ協議書に記載しておくことで、新たな相続トラブルを防ぐことにしました。

結果・解決ポイント

遺産分割協議書を作成した後、弁護士は相続登記を申請を行いました。これによって、Aさんは母名義の不動産登記をAさん名義の登記に変更することができ、Aさんの希望どおりの相続が完了しました。

共有持分不動産の相続

担当弁護士
Authense法律事務所
弁護士 
(東京弁護士会)
千葉大学法経学部法律学科卒業、上智大学法科大学院法学研究科修了。不動産法務、不動産法務と切り離せない相続を中心とした法律問題に取り組む。国内総合デベロッパー、大手証券会社、不動産協会からのセミナー・講演依頼も多く、不動産法務を基軸に積極的に活動している。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます