合併

企業同士を結合して1つの企業とすることを合併といいます。合併前のそれぞれの会社が消滅して1つの新会社が設立される新設合併と、1つの会社を存続会社として他の会社はその会社に吸収される吸収合併とが存在します。

合併は包括承継であり、消滅会社の権利義務の一切を存続会社が承継することになります。そのため、個々の財産の移転手続きが不要であり、例えば後継者がいない事業では、建物などの財産を有効活用したり、従業員の雇用を確保できたりするほか、存続する会社にとってはより早く効率的に新事業に進出することができます。

他方で、資産のみならず、負債さらには潜在的債務や偶発的債務をも承継してしまうため、存続会社としてはリスクが多く存在します。合併する場合でも、一般的には、M&Aを行って 株式譲渡により対象会社を完全子会社にし、数年を経てから、潜在債務や偶発債務が存在しないことを確認して合併を行うことが多いです。

このように合併には、法定の手続きが必要であり、また、 従業員の雇用関係や債権者等、多数の関係者の利害もとの経済状況に考慮する必要もあるため、法律や税務の観点からの検討が求められ、実務上事業承継において合併が利用されるケースは多くはありません。細分化された同族会社を整理する場合等に用いられることがあります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

ご相談:平日 6:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜18:00

24h予約受付中