使途不明金に関する争い

相続人の一人が被相続人の通帳を管理していたのに、
蓋を開けてみると予想外に預金が少ない、なんてことがあります。
その際、「管理していた相続人が使い込んだに決まっているから追及して返してほしい」、
「適切に管理していたのに疑われていて心外だ」という双方の主張がぶつかり合います。
これが、遺産分割で問題になる使途不明金問題です。

  • 損害賠償・不当利得返還請求

    相続開始前に、被相続人に無断で、正当な理由なく預貯金の出金がなされた場合には、損害賠償請求や不当利得返還請求をすることができます。

  • 特別受益

    被相続人から特定の相続人に対し、生前贈与が行われた場合(出金について被相続人の承諾があった場合)には、遺産分割調停や審判において、その事実を主張することとなります。生前贈与がなされた場合、当該被相続人は、法律上の理由に基づいてもらっているので、他の相続人は返還請求をすることができません。

  • 正当な理由

    相続人が被相続人から具体的に依頼を受けた場合や、身体が不自由であるなどの理由で被相続人から包括的に権限の委任を受けている場合などには、被相続人が自分で預貯金を引き出した場合と法律的には同じですから、正当な理由のある出金といえ、遺産に戻す余地はありません。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様