特別受益

特別受益

被相続人から特定の相続人に対し、生前贈与が行われた場合(出金について被相続人の承諾があった場合)には、遺産分割調停や審判において、その事実を主張することとなります。生前贈与がなされた場合、当該被相続人は、法律上の理由に基づいてもらっているので、他の相続人は返還請求をすることができません。遺産分割をする際に、特別受益の持戻計算によって、当該被相続人の遺産取得分を減らし、他の相続人との間で利害を調整することができるのです。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様