公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人がそれを正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。
公証人は、裁判官、検察官等の法律実務に携わってきた法律の専門家で、正確な法律知識と豊富な経験を有しているため、公証人のもとで作成される遺言書は法的に見てきちんと整理した内容となっており、また方式不備で遺言が無効になるおそれもありません。

したがって、公正証書遺言は、自筆証書遺言と比較して、安全かつ確実な遺言方法であるといえます。

もっとも、公証役場への依頼後、公証役場から、遺言案のほか、あらかじめ戸籍謄本、身分証明書の写し、印鑑証明の写し、その他遺産相続に関連する資料が必要となる場合もありますので、それぞれの公証役場にお問い合わせください。また、公正証書遺言をするためには、証人2人の立会いが義務づけられていますが、適当な証人が見当たらない場合には、公証役場で紹介してもらうことができますので、この点についてもそれぞれの公証役場へお問い合わせください。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様