遺言・遺産相続の基本知識・用語集
か行

遺言・遺産相続に関する基本知識・用語を解説します。

か行

寄与分 (きよぶん)

寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するような貢献をした相続人がいる場合、この相続人に貢献分に相当する財産を取得させることで、他の相続人との間の不公平を是正するために設けられた制度です。具体的には、相続財産から寄与分に相当する金額を控除して「みなし相続財産」を計算します。そのうえで、被相続人に貢献した相続人は、みなし相続財産に法定相続分を乗じた金額に寄与分を加えた金額の財産を相続することになります。
寄与分が認められる場合とは、例えば被相続人の営んでいた事業を手伝っていた、看病に精を出した、被相続人の生活に補助金を与えていた、というような場合です。
寄与分の額については、原則として相続人による協議で決めます。協議で決まらない場合には、家庭裁判所に調停や審判を申し立てて、決めることになります。

限定承認 (げんていしょうにん)

限定承認とは、被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合に、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ方法です。
被相続人が個人事業(自営業)を営んでいたなど、プラスの財産とマイナスの財産が複雑な場合や、マイナスの財産の方が多いものの、どうしても相続したいプラスの財産がある場合などに選ばれます。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へのご相談予約で、
初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます
些細なご相談もお気軽にお問い合わせください
弁護士へご相談可能な時間帯
平日6:30~20:00 / 土日祝10:00~18:00
弁護士へのご相談予約で、初回相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます

ご相談から解決までの流れ

弁護士との初回面談相談60分無料 ※ ご相談の内容によっては、有料となる場合もございます