コーポレートガバナンス


コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスとは、一般的に企業統治を意味します。企業活動が行われている現代社会において、会社組織において取締役会、監査役会などの機関の在り方は企業活動を考えるにあたって重要な法的課題の1つといっても過言ではありません。
企業がビジネスを展開する際、ビジネスに関連する各種業法に適切に対応できなければ、監督官庁からの業務改善命令等によってビジネス展開に支障が生じる恐れがあります。また、企業における不祥事を内部通報者制度などの防止策によって事前に対応しておかなければ、企業取引の信用性にも影響がでる恐れがあります。

このように将来生じうるリスクを未然に防ぎつつ、企業価値を高めていくためには、コーポレートガバナンスの構築は企業活動の柱であるといえます。
当事務所では、企業の規模や業務の性質に応じた社内体制の整備や規約の作成から各種業法の法律相談に至るまで幅広いサービスを提供しております。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)