環境・エネルギー

当事務所は、国内企業・外資系企業に対し、環境・エネルギー産業に関連したアドバイスや海外プロジェクトへの投融資、契約書作成に関するアドバイスなどをご提供いたします。環境法の分野では、土壌汚染や廃棄物処理法に関する助言、大気汚染訴訟、行政規制、リサイクル取引、オンサイトPPA契約など、幅広い法律問題に対応いたします。

  • 廃棄物処理規制

    産業廃棄物業界を巡る規制は年々厳しくなっており、法改正も頻繁に行われています。代表的な関連法である、環境基本法や廃棄物処理法、PCB特措法などのほか、自治体ごとの条例も存在します。故意ではなくともこの規制に違反したり、対応を誤ると損害賠償や罰金が課せられる可能性があります。当事務所は、廃棄物処理規制に対応し、適切なリーガルアドバイスを提供いたします。

  • 化学物質規制

    化学産業は、自動車、エレクトロニクス、医薬品、容器、日用品などの多様なユーザー層を有しており、技術革新や事業環境の変化に対応する必要があります。そのような変化に対応するためには、知的財産法や競争法、経済安全保障関連法、労働法、環境法など、様々な法分野に関する法的なリスク分析が重要となります。当事務所は、取引契約のサポートやM&A、新規投資などの様々な場面において、適切なリーガルアドバイスを提供し、戦略的なプランニングから契約書のレビュー、交渉、紛争やコンプライアンスのサポートまで、企業を包括的にサポートいたします。

  • 環境関連規制法

    環境問題への意識の高まりにより、環境法への対応も世界的に高まっております。当事務所は、環境分野における企業取引や取り組みに関する法的な問題に幅広く対応いたします。特に不動産売買やM&Aの場面では、アスベストや土壌汚染などの問題が頻繁に発生しており、環境法に特化したデューデリジェンスが行われています。土壌汚染や不動産取引に関する助言、廃棄物処理法に関する助言、自動車排出ガスに関する訴訟対応、環境規制に関する助言など、適切なリーガルサービスを提供し、企業をサポートいたします。

  • 再生可能エネルギー(太陽光発電等)

    当事務所は、太陽光、風力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギー発電所の開発や運営、プロジェクトファイナンスの組成、発電所SPCに関するM&Aなどに関する法的なアドバイスを提供することが可能です。毎年のように行われる法改正にも対応し、事業用地の確保から資金調達、契約書の作成、法的規制の助言など、包括的なリーガルサービスを提供し、発電・売電事業における法的問題に対処いたします。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00

ご相談から解決までの流れ