インターネット法務

デジタルトランスフォーメーション(DX)やクロステック(X-tech)など、デジタル化に伴う法規制、知財法務や危機管理をはじめ、電子契約書の有効性や導入に関するリーガルテック全般の法的サポートをいたします。

  • IT

    IT、情報通信業界の変化の速さは伝統的な産業とは比較できず、新しい技術やサービスの開発がさまざまな新しい法律問題を発生させています。IT業界に関係する法律や判例も次々に新しいものが出されていますが、必ずしも業界の変化の速さに追いついているとは言えません。

  • 情報危機管理

    近年、科学技術の発展やインターネットの普及により情報が漏洩しやすい状態になっており、たとえば、企業の競争力の源泉であったノウハウが競合他社に流失した場合は、企業活動の根幹にかかわる問題となります。

  • アプリに関する法務

    スマートフォンやタブレット等のスマートデバイスの普及に伴い、その上で動くアプリサービスの市場が拡大しています。既に存在する他社のサービスと類似していた場合、他社の知的財産権を侵害するとして、その権利者から差止めや損害賠償請求を受ける可能性があります。

  • 電子契約

    在宅勤務が進む中、契約を電子的に行う必要性が企業間取引で高まっています。従来の紙媒体での契約締結に比べて、電磁的記録を用いた契約締結のほうが、偽造が容易であって、そのままでは信頼性がないのではないかと指摘されていました。

  • 知財・特許

    IT、情報通信業界の変化の速さで、新しい技術やサービスの開発がさまざまな新しい法律問題を発生させています。デジタル世界の知的財産や特許についても、経験豊富な弁護士が、法的な観点からアドバイスし、最適なリーガルサービスを提供致します。

  • 情報漏洩

    秘密情報や個人情報の漏洩への対応
    昨今のデジタル化により、情報管理の重要性は増大しております。

  • 誹謗中傷

    弁護士による誹謗中傷3つの解決方法
    SNSなどでの誹謗中傷、名誉毀損、脅迫など、インターネット上でのトラブルには、「削除請求」「発信者情報開示請求」「損害賠償請求・刑事告訴」の3つの解決方法があります。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様

早朝相談受付中(6:30~10:00)