企業刑事事件

企業が刑事事件に巻き込まれると、捜査機関や関係当局による捜査・調査への対応、取引先対応、社内調査、再発防止策の策定、社内対応、起訴後の裁判対応、及びこれらに伴うマスコミ対応など、複数の問題が同時に発生します。当事務所は、元検察官の弁護士率いる刑事事件チームと、企業が直面するトラブルの解決の実績が豊富な企業法務弁護士チームが、迅速に対応し、円満解決を目指します。​​

  • 刑事告訴・告発

    当法律事務所は、犯罪被害に遭った際の告訴・告発において、捜査機関の慎重な受理体制を考慮し、十分な準備と捜査機関への説明が不可欠であることを理解しています。当事務所は捜査に必要な情報を分析・収集し、資料の入手や告訴・告発状の作成を適切に行い、捜査機関への説明を丁寧に行い、捜査開始を促進します。また、企業のレピュテーションリスクの軽減に向けたアドバイスも提供しています。捜査機関との折衝も含め、法的な手続きを的確に進め、民事手続にも適切に対応します。

  • 役職員の不正

    当法律事務所は、企業役職員が刑事罪に関与し、企業に損害を与えた場合、責任を問う措置や関連リスク軽減のアドバイスを提供します。株主や関係者からの監視怠慢に対する責任や内部統制の不備による責任、損害拡大防止の怠慢など、様々な責任にも対応します。当事務所の経験豊富な弁護士が早期介入し、関連リスクから生じる損害を最小限に抑える対応や報道対応を提供します。また、不正行為の再発防止のためのコンプライアンスと内部統制に基づくアドバイスも行います。

  • ホワイトカラー犯罪

    企業の役職員による犯罪は企業に深刻な影響を及ぼします。犯罪の内容により企業も犯罪主体となり、捜査やマスコミ報道が広まると、社会に知れ渡ることになります。企業は迅速で適切な対応が求められ、国外での犯罪行為にも対応が必要です。また、役職員や企業が訴追された場合、国内外の裁判手続きにおいて専門的な対応が求められます。当事務所は発覚時から裁判終結まで、企業の存続に影響する局面を見極め、中長期的なアドバイスを提供します。

  • 刑事弁護

    当事務所は捜査機関の視点と最新の法的知見に基づき、効果的な刑事弁護を提供しています。企業や関係者が捜査・訴追を受けた場合、捜査機関の視点に基づく弁護活動が刑事責任の軽減に不可欠です。当法律事務所は、裁判員裁判を含む刑事事件全般において、捜査側の行動や意図を分析し、明快な説明を行いつつ、依頼者の意向に従った適切な弁護活動を展開しています。捜査、公判、控訴・上告の各段階において、必要な資料の分析・収集や捜査機関との連絡・交渉を通じて、依頼者の要望に柔軟に対応します。

CONTACT

法律相談ご予約のお客様
弁護士へご相談可能な時間帯
平日:10:00~最終受付18:00 /
土日祝:10:00~最終受付17:00

ご相談から解決までの流れ